B.B.WAVES
サッカーJ2「セレッソ大阪VSモンテディオ山形」戦
スペシャルサポーターLIVE

reported by はかせ

沖縄アクターズスクール「B.B.WAVES」
●開催日時:2008/9/20(土)
19:00〜19:10
●開催場所:大阪・長居スタジアム

●出演:B.B.WAVES

金曜日、沖縄アクターズスクール大阪校公式HPがリフレッシュされていることに気づき(!)見てみたらいきなり翌日のLIVE予定がアップされてました。J2リーグ、セレッソ大阪の試合で応援LIVEをするとのこと。

セレッソのホームゲーム?
調べたら、元BBの渡辺千里ちゃんもセレッソイメージガールとして出演するとのこと。慌てましたねえー。すぐに情報調べてチケット買いにコンビニに走りました。いや、Jリーグって意外にチケット安いんですねえー。

昼過ぎ、セレッソのTシャツを着て家を出ました。このセレッソのNo.12のユニフォーム、以前BBのマラソンイベントの際、ニッポンハムのブースで抽選で当たった景品でして……ずっと着る事も無くしまっておいていたんですが……まさかこのTシャツが役立つ時が来るとは(^^;)

JR鶴ケ丘駅から歩いてゆくと、見えてきました「長居スタジアム」。
来るのは初めてです。
入り口のテントから入り、プログラムとピンク色のフリップ(カンペみたいな紙)をもらいます。とりあえずスタンドに。

広い!
結構たくさん入ってる!
ピッチではすでに前座試合が行なわれています。

アクターズLIVEが目的なんだから、見える位置を探します。
予定ではメインスタンド側の陸上トラックということらしいですが、メインスタンド側(年間予約席とかS席とか)はお客さんガラガラです。
一方、バックスタンド側とホームA席は満席状態でお客さん一杯だったんですよね。(入場者数:約2万人)
バックスタンド側とホームA席は、熱心に通っているサポーターや、大阪中から集まったんじゃないかと思えるほどたくさんのサッカー少年たちで満杯……。
現在J2で4位のセレッソと2位の山形との直接対決だっただけに、サポーターも燃えてます。勝ち点差で行くと、この試合にJ1自力昇格が係っているという大事な一戦なんだそうです。特に今日は、大阪府の少年サッカー大会開会式を兼ねたらしくて大阪中のサッカー少年に動員がかかっているらしく、場内客席といわず、そこらじゅうサッカー少年でいっぱいでした。……どこが「少子化」やねんと思うくらい。(^^;)
後でいろんな方のブログを見ると、こんなにお客さんが一杯なのは稀らしいです。

だからAブロックでもなるたけ正面に近い席を確保してカメラをスタンバイ。ここからなら望遠で正面から狙えるなーと。
ゆーてる間に、アクターズのコたちもスタンバイしている姿が見えました。

B.B.WAVES

聞きなれたコメントのMC、それがオーロラビジョンにも映し出されます。
飛び出してきました。
全員セレッソTシャツ姿です。
遠いなあー。

あれ?

てっきり、バックスタンド側に向かって演技するのかと思っていたんですが、ほとんどお客さんのいないガラガラのメインスタンド側に向かった演技です。

へ?

残念ながら、こっち側からは背中しか見えませんでした。
しかも遠いし。(;_;)
非常にパワフル、かつ、振りも大きく元気一杯で、広い会場にはふさわしいパフォーマンスだっただけにとっても残念です。

今後こういう場合は、正面だけでなく、後ろとか横方向からのお客さんにもアピール出来るようなステージ構成にして欲しいなあーという感想でした。

なんも、誰も居ないほうに向かってやらんでもええのに……。

仕方なく、お客さんはほとんど本人たちでなく、オーロラビジョンの方を観てましたが、折角目の前(遠いけど)で実際に踊っているんだから勿体無いなあー。
わずかにコッチを振り向いた瞬間を狙ってシャッターを切ります。
でもなあー。(^-^;) 

これはないわあー。

で、3曲、10分ほどでステージ終了。
なんだかなー。><

そーこーしてるうちに試合開始。

序盤戦から選手の動きも良く、かなり果敢に攻めていきます。
前半21分セレッソのシュートが決まり、先制点。
その後、制球はしているんですが、少し安心したのか油断した隙を突かれて32分に同点シュートを入れられ、44分には逆転シュート。

厳しい気持ちのまま前半は終了し、ハーフタイム。

トイレ&弁当のゴミ捨てと、ビール補給のため、席を離れます。
出口まで降りてゆくと、トラックにマスコットキャラクターのロビーくんとマスコットガール「ロビーズ・テールズ」の4人の女の子の姿が。あ、千里ちゃんやー。
と気づいた時には、バックスタンド側へ。
慌ててカメラの準備したけど間に合わず。まあええかー。確認できたし。
一旦通路へ出て用を済ませてからまたスタンドに戻ってみると、一旦バックスタンドの端まで行ったキャラクターたちがまたゴール裏方向へ近づいて来るのが見えました。カメラを持って慌ててスタンドの一番下へ。

なんか、周りには一杯小学生たちが集まってきて、みんなで手ぇ振ってます。
そっかー、こんなことやってたんやねー。

あんまり見回ったりしてないけど、マスコットガールってもっと別のこともしてるのかな?握手会の手伝いとか。……今度は、またそちらも見に行ってみましょう。

スタンドを登って席に戻ると、もう後半キッフオフしてましたー。(^^;)
ビハインドからのスタートなんで応援も力が入ってます。
客席からは地鳴りのような手拍子が響きます。するとやはり、その熱い想いは直に選手に伝わるようで、眼に見えて選手たちがパワーアップして最後の力を振り絞って戦う姿は心地良いですね。
こーゆーのはLIVEでのオーディエンスとアーチストの関係と同じです。
ヒートアップした選手の攻勢が相手選手のファールを誘い、62分にPKを得ました。

しかし結局、2-2で引き分け。ロスタイムぎりぎりまで動きが鈍ることなく攻めていたんで、ちょっと残念でしたね。惜しい戦いでした。

初めてサッカーの試合を生で観たんだけど、意外に面白かったです。
またアクターズが出てくれるんなら、セレッソの応援に行ってもいいな。
こんなファイティングスピリッツのある試合を毎回見せてくれるのなら、おカネ払って観に行ってもいいと思いました。(プロスポーツやもんねえ)

ということで、お疲れ様でした!