タイトル

reported by はかせ

2005/11/6(日)
STRAT 17:00〜

於:泉の森ホール

SET LIST

★OPENING ACT
・NO MORE CRY (体験レッスン生)
・Party with Fun Factory (体験レッスン生)

1.OPENlNG (大阪校生徒ALL)

★本科SHOW
2.Realize (Bringitクラス)
3.INORI (Jammin’クラス)
4.Come again (Slamクラス)
5.SCREAM (Faceoffクラス)
6.Dreamland (Freedomクラス)
7.The Love Bug (Bringitクラス)
8.Shine more (Slamクラス)
9.Beats P.C (FaceoffALL)
10.Choo Choo TRAIN (Jammin’ALL)
11.RITMO DE LA NOCHE (Bringit ALL)
12.無限大 (Freedom ALL)
13.Lose my breath (Slam ALL)
14.キラキラ (Freedomクラス)
15.EVERYDAY (Jammin’クラス)
16.CUSTOM MADE (Jammin’クラス)
17.DIAMOND (Slamクラス)
18.ひまわり (Bringitクラス)
19.ZA−KU−ZA−KU Digame (本科Pick upメンバー)
★TEAM ALL LIVE
20.HAPPENlNG HERE (B.B.WAVES)
21.Jump Up (Jr.)
22.QUlNCY
 (増永あゆみ
+佐藤正典・秦幸司・潮絵梨・榛木怜子
・松山絵美・矢羽田愉可)
23.GAP (Dance Team)
24.Disconection (Boys)
25.I’ll be there (Song Team)
26.Feel like dance (Team ALL)

★DREAM PLANETS LIVE
・御殿手
・Hypinotize
・BOYS KEEP SWINGING
・Breakin' Out
・Smooth Criminal
・The Best Things Is Life A Free

★ENDING
・a−song dedicated (ALL)

★ENCORE
・UNITED(ALL)


前回の定期公演から、なんと一年以上!
待ちに待った記念すべき大阪校第10回定期公演!

今回は、第1回、第2回を開催したあの「泉の森ホール」です。

遠いんですよねー、大阪市内から。(^^;)
思えば、当時こんな遠いところに「MWPりんくう校」ってあったんですねー。
そりゃあ、通う子も少ないワケだー。(苦笑)

さて駅からバス……と思って着いてみたら……バス全然無いやん!(^^;)
仕方ないんで、以前と同じ、てくてくと泉の森ホール目指して一人で歩いて行きました。
関西空港からは近いんで、おそらく当日朝移動の沖縄「DREAM PLANETS」は便利だったことでしょう。

国道を渡るところのコンビニ……変わってないですねー。
ここがホールから一番近いコンビニで、他は周りに何にも無いところなんですよねえ。

その横の道を歩きながら、第1回・第2回定演の時のことを思い出していました。
あの時は、ファン仲間10人以上いて、大勢でワイワイ言いながらこの道を行ったなあー。
大阪校開校するまで一緒にBBファンだった友達が、とうとう念願叶ってアクターズに入学し、晴れの舞台を迎えられるあの日……。
沖縄BBの○○ちゃんがどうしたとかこうしたとかいう話で盛り上がりながら歩いたなあー。
みんな、どーしちゃったんだろー。

何度も沖縄にBBのステージを観に行ったファン仲間。
それがとうとう関西にもスクールが開校し、身近にBBと接し、関西が生んだ新しいBBが誕生する……。
この道で「でも、ホントにアクターズスクールは、大阪でも出来るんやろか?沖縄やないとアカンのと違うんやろか?」……そんな話をしながら歩いたもんです。

あれから、多くの生徒が成長し、活躍し、卒業し、そしてまた新しい生徒も入ってきました。
多くの子供たちが大きく育って行くのを目の当たりにしました。
そして選抜メンバーも大きく入れ替わってゆきました。

そんな思いが頭の中を巡りながら、気がつくと泉の森ホールに着きました。

空模様は、今にも泣き出しそうな、荒天です。 暗雲が垂れ込めています。

開場一時間ほど前に着いたんですが、誰もいません。(^^;) 早過ぎたみたいです。
第1回・第2回の時は、指定席ではなかったので、みんな早くから会場に並んでいましたね。

ホール入り口にポスターが貼られていました。

ACTOR'S LIVEそして右下に大きく初心

そっか。
初回を開いたこの地で、10回目を節目に、改めて初心に立ち返って、アクターズの原点を見直してみようということなんですねー。

いい言葉です。
習字の様に書かれたその言葉に納得した次第です。

当日券も販売されます。 よかったですねー。
大きなホールなので席には余裕があるみたいです。
※前回は小さいホールでしたんで、全席完売。当日券は発売されませんでしたから。

開場時間が近づくと、続々とたくさんの人が集まってきました。
てゆーか、良く見ると、元生徒、元BBがいっぱい来てます。

第1回・第2回の頃には、入りたての生徒だった子たちでしたが、やがてめきめきと実力を伸ばし、BBとしてどこに出しても誇れるメンバーとして育って行った子たちです。
……やがて、その子たちも卒業して行き、今こうして後を継ぐ者たちを応援するために駆けつけて来たんですね。
※同窓会で盛り上がるためかも知れませんが。

開場され、ホワイエに入ります。
大きくてキレイなホールです。
Enjoyクラスからもお花が届いてますねー。

パンフは、一枚もの。
カラーですが簡潔です。
必要最低限で、これでもいいと思います。
SET LISTを見ると……クラス名が変わってますねえー。

前回の定期公演直後(2004年10月)にクラス編成が変更になり、これまでの年齢別から、実力別に割り振られた編成へと変わりました。
クラスは5つ。それぞれ横文字のネーミングが付けられています。

・年少者の「Freedom クラス」
・初心者の「Bring it クラス」
・中級者の「Jammin’ クラス」
・上級者の「Slam クラス」
・Boys中心の「Face off クラス」
大まかに、こうなっているそうです。
ただ全部が全部そうなっているわけでも無いようですが。
学生時代に英語の成績が思わしくなかった私には、どーゆー意味なのか今一つ判りません。(^^;)
一応調べてみましたが……

Freedom →「自由」これはまあ判りますわなあ。

Bring it →「Bring it on!」→「かかってこんかい!」
いや、これはよく判りません。「もたらす」「教育する」という意味もあるみたいですが。
これとは関係あるのかな?「青春スポ根」みたいです。

Jammin' →「ごちゃまぜ」「詰め込む」!?
これも全然判りません。そんな意味っぽいですが。
ジャマイカンな意味もあるみたいですし。

Slam 「言葉のバトル」そーゆー競技があるみたいです。
「SLAMDUNK」のslamでしょうね。「ばたん!」という擬音から来たみたいです。

Face off 「対決開始!」
アイスホッケーから来たみたいですね。
ううっ、未だに英語にはコンプレックスあるなあー。
※どなたか判る人、解説お願いします〜。(^^;)

席に着いて準備を始めながら、客席を見渡します。
照明効果のために炭酸ガスが撒かれているので、少しモヤっています。
元BBの子たちがあちこちでグループになって盛り上がっているのが見えます。卒業してから久しぶりに会う子も多いんでしょうねー。

いよいよベルです。
着席してスタンバイです。

今回は、席が前の方ではありましたが上手側の端っこ。
しかも、ホールの構造的に、前の方は、非常に前の人の頭が邪魔な作りのホールでして、あんまりキレイには撮れてないです。(;_;)
※前日に衝動買いした小型フラッシュは、そこそこ効果はあったんですが。
それで写真点数を多めにし、曲名のリンクを新たに付けてみました。レッスンや鑑賞のご参考に。

MC二人が登場。
そして体験レッスン生が板付きで整列。
MCの紹介で歌い始めるレッスン生たち。
彼らは、今回のオーディション&体験レッスンを約一ヶ月に渡って受けてきた子たちです。
「オーディションだけでなく、このステージに立つことを目標にレッスンしてきました……」


★OPENING ACT

・NO MORE CRY

 (体験レッスン生)

曲はお馴染み「D-51」
数人のBBメンバーがサポートしてます。

色んな子がいるなあーと顔ぶれを眺めてみます。
小さい子から高校生くらいの男の子も。

個性的ですね。

体験生の割には、結構いい感じですね。さすがです。
おそらくは彼女たちのお友達でしょうが、客席の子たちも大興奮してます。


・Party with Fun Factory
 (体験レッスン生)


続いては、かなりフリーっぽいダンスです。
曲はFun Factoryよりお馴染みのナンバー。
レッスンでよく使われる曲。
がんばってますね。
緊張はしてるみたいですが、楽しそうです。
なかなかやるなあーって感じです。
よくBEATは掴んでます。
レベルも高く、将来性を感じました。
たった一ヶ月の体験レッスン生がこのレベルですから、本科生もうかうかしてられませんね。
いい刺激になったと思います。

体験レッスン生が引き上げる間、BBメンバーがMCで繋ぐんですが、なかなかいいMCです。


1.OPENlNG
 (大阪校生徒ALL)


いよいよ始まりました。
華やかで、楽しげです。

1ユニット(クラス混成)づつ連続的に出てきてダンスを披露します。
Coolなユニットもあれば可愛らしいユニット、SEXYなユニット……それぞれ特徴的で多様性があり、面白いですね。

全体で構成されているというより、各ユニットそれぞれの曲を繋いでる感じです。

そしてラストは全員で同じ振り付けで、所狭しと踊ります。
そして非常にパワフルでかっこいいです!

本科SHOW

にぎにぎしくMCチーム4人が登場。
ええっと、一人だけ名前が判りませんでした。ごめんなさい。

彼女たちによると今回のテーマは「一人はみんなのために、みんなは一人のために」だそうです。
そーなのかー、知らなんだー。


2.Realize
 (Bringitクラス)


元曲は玉置成美
力強くていいですねー。
こういう押してくる感じが、アクターズの基本です。

少しダンスのキレが甘いような気もしますが、まだこれからということなんでしょう。

スキルより、まず前に出るスピリッツ。それが基本です。



3.INORI
 (Jammin’クラス)


アクターズスクールの先輩である元SPEEDのHITOEこと新垣仁絵のナンバーより。

これまたアクターズらしさが出ています。

歌巧いですねー。
ブラッキィでかっこいいです。
BEAT感溢れてます。