隆史の
◇定期公演「風」の感想◇

今回の定演に出演して感じたことは、以前ハイパー時代にFeelit!で出演した時は、ハイパークラス自体ダンスを楽しむためのクラスだったし、自分自身ダンスを習い始めたばかりだったので、技術よりも楽しむことにウエイトを置いていました。
しかし今回の定演では本科生の一員としての舞台だったので、楽しむこと以外にも振り付けから立ち位置までいろいろなことに気を遣いました。

舞台に立つことについては、本科に入る以前から舞台経験も持っていたので、あまり緊張もしなかったけれど、全体のオープニングで曲が流れないというハプニングが起きたときは、少し動揺はしました。

Boysのライブについては、Boysのオープニングでは振りのタイミングとか振り付けとかを意識していたので、お客さん全体に目が届かなかった気もします。

でも、その後のYour eyes onlyではお客さん全体を見渡すことができ、気持ちよく歌えました。


Your eyes onlyで 今回の定演の評価は、低い評価、高い評価いろいろありましたが、真摯に受け止めてプラスにしていきたいです。

そして今回の定演でお客さんや舞台を通して、いろいろ学んだり、課題もできたので、次回はさらに上を目指していきたいです。

次回の定演、期待しててください。


最後に、今回定演を見に来てくれた皆さん、そして応援してくれた皆さん、ありがとうございました。(^_^)/

written by 大西隆史(大阪校Boys Class)