沖縄アクターズスクール大阪校LAST LIVE

(暫定版) reported by はかせ
movie by みっきー

沖縄アクターズスクール大阪校
●開催日時:2009/7/25(土)
(1) 18:00 〜  (2) 19:00 〜
○○ ●開催場所:大阪天満橋OMMビル2F
●出演:沖縄アクターズスクール大阪校

ありがとう大阪校。ボクはきっと忘れることはないだろう。
LAST STAGEは、まさに今の大阪校の全力を出し切ったものでした。やっぱり他にはないオンリーワンだったんだな、と改めて感じました。

いよいよ大阪校にとって最後のステージです。
大阪校設立前から関わっていた(!?)だけに、感慨深いものがあります。

さすがにもう20人くらいしか生徒もいないと思いますんで、全力を出しても、限界のあるステージが予想されます。 20人くらいってのは、沖縄本校が一番少なかった頃と同じくらいでしょうか?(爆) 沖縄本校もまた人数回復してきているようですので、大阪校もそのうちは……とは思ってたんですが、ダメでしたねー。

さて17:30開場なんですが、かなり早めに現場に向かいました。
以前週末に当たってしまった年、超満員で、いつも通りに行ったら人が多くて席が無かったことがありましたんで、今回もそれを予想して、16:00前に現場着。早っ!
廊下に並んで待ちながら、ああーこれも今年で終わりやなーとか、これまでの大阪校の色んなこととかを思い出しながら、いつの間にか一人で「UNITED」を歌っていました。

もっと古くからのファンとか卒業生とかが集まるかと思っていたんですが、意外と少なかったですね。 それが少し寂しいです。 最後くらいみんな来いよなあー。

開場して一番にステージ前へ。必死!(笑)
最前列だと写真撮りにくい(近すぎるから)なんで、2列目付近に。(一番前には、ちびっこが座るとちょうどいい)
屋台券消化のためにビールをば。 前回の撮影データがあるので、その通りにカメラをセッティング。mp3録音機のバッテリーを新品に入れ替えて。

時間になると、じわじわと音楽が。
奈々さんが叫びます。
「Hey!Evreybody!今年も天神祭りがやってきました!さぁ沖縄アクターズスクール大阪校と一緒に夏を楽しんじゃってくださーい!Actor's LIVE!Here We Go!」

1.ダンス曲

元気いっぱい飛び出してくる大阪校メンバー。
大阪の元気の素!


2.ダンス曲

続いては少しミドルなテンポで。



3.EARTH TO THE SKY(Baby Waves)

現大阪校Jr.メンバーによる「EARTH TO THE SKY」。
SKYに合わせて、空色の衣装で統一してます。
イントロが流れてきただけで「おおおーっ!」って感じです。
我々古手アクターズファンにとっては、実に懐かしいナンバー。
11年前にCDがメジャー発売もされたアクターズスクールオリジナル曲です。
これ、歴代のJr.(あるいはBabyWaves)が歌い継がれてるんですよねえ。
つっても、ここ最近はやってなかったんで、めっちゃ久しぶりですけど。
そりゃ、比較することはあるでしょうけど、その時代時代の子供たちが精一杯を披露するのがスキですね。

たまたま前日にかつての大阪校BabyWavesメンバーのチビちゃんたちがこの曲歌ってる映像(7-8年前)見てたんです。

なんかこの11年の間に色々活躍したJr.メンバーのこと(大成したコもいれば夢破れたコもいるし、今も夢半ばで頑張ってるコもいます)が走馬燈のように脳裏をよぎり、そして今、大阪校最後のステージで今の大阪校のちびっこたちが夢を求めて歌っている。
大地に足をつけ、空を目指して歌うコたち。
♪両手を広げて手がかりをつかみたい エネルギー身体中に感じて……失敗なんか怖がらない翼ください〜 ……中途半端じゃあきらめない翼ください〜

このコたちのこれからの成長を見届けたかったなあー。
アクターズのDNAを、そのスピリッツを紛れもなく受け継いだこのコたちの育ってゆく姿を。
いかん、ファインダーが曇って見えない……。(;_;)


4.BLACK AND WHITE(マイケル・ジャクソン)

DanceTeamによる、先日亡くなった"KING OF POP"マイケル・ジャクソンのナンバーから。
これもまた感慨深いですね。
アクターズスクールと言えば、マイケルの音楽とは切っても切り離せない関係です。
ちょうどマイケルが亡くなった2-3日後に大阪校の閉鎖が発表されましたし。
たまたまその日に沖縄で開催されたA'LIVEもマイケルの曲をいっぱい使ってたそうで。
不思議な因縁があります。
マイケルがダンスと歌の融合をはかり、その後のPOPSは全世界全てそれが主流になり、日本でそれが初めて本格的になったのがアクターズスクールであり、安室奈美恵ですから。
90年代、アクターズと安室奈美恵は日本のPOPSを全て塗り替えたんですから。
アクターズのLIVE、定期公演などでもほぼ毎ステージ、必ずと言っていいほどマイケルの曲が使われていたワケですし。
その末裔である今の大阪校のコたちがマイケルを踊っています……。

めっちゃ楽しそうに踊っていますね。だからもちろん観ている方も楽しくなるワケです。(^_^)

少しの間。
でも余韻があるんで、そんなに気になりません。
カメラのデータチェックと録音機の作動をチェック。完動です。


5.Forever Friends(D-51)

SongTeamによるD-51のナンバーから。

♪Forever Friends〜踏み出すことを恐れないで、「再会」そしてほらこの街がいつだって僕らを待ってるから

うん。いい歌ですね。
なんか、勇気づけられますね。
そう、またアクターズスクールが大阪に戻ってくることを願いたいですね。

センターの奈央ちゃんの歌い方ってとてもストレートな感じで、キレイですね。
これまであまりアクターズにないタイプとゆーか。

余韻の中。
次の曲のMC。カゲMICで。
「Are You Crazy!?」
そうそう。(^_^)


6.ダンス曲

踊ることが大好きなCRAZYたちによる群舞。
ホントに楽しく踊っている、踊ることが楽しくて仕方がないってのが伝わります。
だから観ていても楽しい。

MC。
「Welcom to Boss Summer!」


7.シャナナ☆(MINMI)

奈央ちゃんの歌い出しから,全員飛び出してきて。
みんな腰にタオル付けてるなーと思うと、途中から振り回したりして賑やかなフィナーレに。
テンポもいいし、祭りっぽい選曲ですね。
元気よくて、耳に残るナンバーです。
ということで、全員総出で盛り上がって、第一部は終了。

終了MCは知佳ちゃん。
ちょっと天然っぽいコですが、いつしか彼女もこの中では最年長。
中学くらいの時に大阪校に入って、今は21歳ですかー。
在校期間が最も長かったコですね。なんかこのコの人懐っこい笑顔見るとほっとしますね。(^_^)

MCが湿っぽくなく、普段通りなのがよかったです。いえ、むしろ和やかなMCでした。

「……皆さんの心の中に何か残っていただけたならありがたいなと思います!」

はい。心に刻み付けましたよ。永遠に。

さて。第一部が終了して、周りの仲間の反応は?
まあ、そりゃ昔の黄金期と比べるとね。……でも、あの頃は450名から選ばれたTOP20名ほど。今は、これが全員。だから比べるなら定期公演のクラス曲と比べるべきだよ。
それにずっと観てきた私に言わせると、今回のは、かなり気合入ってる。
それは技術とかじゃなく、気持ちの部分で。

久々に来たファン仲間とかと奈々さんにがっつく。
こういうステージが近いのはBeatTown以来って話を……え?BeatTown?
懐かしいなあ。でもあそこって我々のサンクチュアリやったもんなあー。
ん?なんか奈々さん、可愛くなってないっすか?(^-^;)
いや、こーゆーことゆーのは失礼かも知れないけど。

「奈々先生!」とマキノ氏に呼ばれて奈々さんはそちらへ。
今度協力体制をとる創叡の社長さんと3ショット撮影に。
そーなんやなあー。
奈々さん、今後は創叡で教えるのかなー。

食券の消化のため、またビールを補給。
気がつくともう第二部の直前。
録音機スタンバイ。カメラ、チェック。

同じ始まり方かな?と思ってると、違う形でスタート。
泣いても笑っても、これがLAST STAGE。

カゲアナMC「OKINAWA ACTOR'S SCHOOL OSAKA, 2nd LIVE. Here We Go!」

1.ダンス曲

黒の衣装でCoolなスタート。短めの曲です。

少し間。
MC「ここに集まってくるいつもの仲間たち。イヤなことがあってもダンスでぶっとばせ!Let's Dance!」


2.ダンス曲

ビヨンセのRemixあたりかな?
ラジカセを持って街の片隅に集まってくる仲間たち。
私たちには仲間がいる……そしてBeatがある!
ダンスが出来る嬉しさ、同じBeatを愛する仲間のいる楽しさ。Yo!Yo!Yo!


3.I Want You Back -ReMix- (ジャクソン5)

Jr.チームによる定番ジャクソンナンバー。ただしRemixVer.
このJrチームって、帆希ちゃんにしろ麻由ちゃんにしろ、なかなか元気でハジケ感あってスキですねー。
これまで見守ってきましたが、だんだん巧くなってきて、成長著しいです。
ここで大阪校が終わってしまうのは残念ですが、今後ももし存続していたなら将来が楽しみなコたちです。
このコたちと最近まで一緒に踊っていた斉藤真木子ちゃんが今名古屋のSKE48K2で頑張っていて非常に人気もあるので、このコたちだって、そのうちどこかから飛び出してくるんじゃないでしょうか。
……そうなった時も「子どもの頃、アクターズスクール大阪校にいてレッスンしてました!」って隠さずに言ってね!(^^;)
このコたちの未来に乾杯!これからも自ら道を切り拓いて行ってほしいです。がんばれ!


4.Morphine(マイケル・ジャクソン)

DanceTeamによるマイケルのナンバー。
先日以来、さんざんテレビでもPVが流れてましたね。
Coolなパキパキ感のあるダンスで、苦悩の表現。
アクターズらしいです。
……なんか、アクターズのマイケルに対する想いが出ています。


5.feel my soul(YUI)

SongTeamによるYUIの歌。
高音を伸ばす感じの歌ですね。
少し荒削りですが、もう少し磨いたらすごく良くなりそう。
コーラスとってもキレイですし、もっと先が観たかったなあー。


6.POWER TO THE PEOPLE(B.B.WAVES)

このイントロ!
なんとまあ、古手ファンにとって懐かしい!
B.B.WAVESオリジナルの名曲です。
♪OH!OH!全ての出会いに、OH!OH!感謝したいよ!……大きな愛に包まれここまで走れたよ その笑顔に会いたくて〜
全力で歌い放つ姿。

いかん、涙でファンダーが見えないーっ!><



いやもう、何もいうことないです。
こちらこそ、10年間ありがとう。
間近にあなたたちを見守ることが出来た。
多くのコたちが育って行き、巣立って行った。
今も活躍してるコもいる。そして、今も夢を目指してるコもいる。
応援した甲斐もあったかな。
力になれたかな。

いや、子どもたちから力をもらっていたのは、どう考えても、こちらの方です。
本当に10年間、ありがとう。感謝するのは、ボクたちです。


7.ダンス曲

ノリノリの楽しいダンス曲。
全員出てきて楽しく群舞。一緒に楽しもう、いつか夢の叶う日まで。

そして


8.UNITED(J-TRAP)

来たーっ!
今、大阪校にいる生徒全員です。
「私たちからの最後の曲になります!曲はUNITEDーっ!」
……私たちの心のよりどころ……「UNITED」!
大阪校がLIVEのENDINGでこれを歌わなくなって何年になるんだろう?
でも、アクターズスクールの終曲と言えば、コレ。これがないと終わらない!

もう何も言うことないです。

「せーのっ!1,2,3,Go!」

♪Everybody is Gonna'Get enargy! 胸の底のBeat!欲しいと感じる気持ちを追い続けたくて……

心の底から歌う感じが、アクターズらしいです。
心の叫びを形にした歌。
そう、生徒も、元生徒も、ファンも、応援者も……みんな同じ気持ちを共有しています。
アクターズスピリッツを永遠に。

♪United Soul and Beat...

終了MC。
知佳ちゃん、テンション上がりすぎて、息が(^^;)

全員が下がったところでアンコールが沸き起こります。
アンコールの声の主体は……ちょっと懐かしいですね。元生徒の一団が声を限りにアンコールしてます。


EN1.ダンス曲

順番に出てくる感じで、カーテンコールっぽいダンス曲。
客席からも手拍子と歓声。

そして
「みんな一緒に踊ってくださいっ!」

EN2.UNITED(J-TRAP)


全力をぶつけ、魂の全てを爆発させたようなUNITED……私たちの「絆」。
一緒に肩を組み、共にジャンプ。
泣き出す生徒も。
客席も巻き込んで。

……レポートするにも、もう内容あんまり覚えてないです。(;_;)

そう、これで終わりです。

MC「ありがとうございま〜す!すごく嬉しくて……」絶句。
言葉に詰まる知佳ちゃん。
客席から「知佳ーっ!」の声援が。
MC「アンコールまでいただいて、私たち最高のステージになりました!この夏一番の思い出になりましたねっ!」
えらい低いなぁー。(^^;)
MC「皆さんの心の中にも、あのLIVE良かったねと思い出してもらえるようなLIVEになったかと思います。ほんとうに本当に今日はありがとうございましたーっ!!」

盛大な拍手!
「アクターズさいこーっ!」の叫び声。

いつまでも余韻と共に流れているUNITEDのBGM。

その後は……

残りの食券消化のためにビールを何杯かあおって、枝豆をみんなで食べて。
奈々さんにがっついて(爆)

えーっと。
ここから先、ほとんど記憶が無いんですが。(笑)

先に帰る仲間がいて。予備のチケット分まで食券を全部飲んで。また飲んで。そろそろ終わりだってゆーんで、荷物片付けて。コップに残っていたビールも空けて。
降りていこうとしたら、まだSingoが大阪校見たことないってゆーんで、地下4階まで舞い戻って。
エレベータで奈々さんと一緒になって。帰ってゆく生徒たちとも鉢合わせして。
スクールに行こうとしたら、たまたまスクールの前で知佳ちゃんに会って。
Singoが今日のステージ観てファンになったぞー!と伝えて。(笑)(多分、ロレツが回ってなかったと思う。てかこの辺、後から思い出しても知佳ちゃんの笑顔しか覚えてない(爆))
小さくなっちゃった大阪校の扉をいつまでも眺めてて。

マンションに歩いて帰ろうと表に出て。橋の反対側に出て。
歩きながら、Singoが気を利かして沖縄のターバンさんを電話で呼び出してくれて。
「おわったーっ!もう全部終わったーっ!」とか電話口で叫んで。……ただの酔っ払いだー。(^_^;)

ふっと前を見たらJRのガードが。なぜか京橋。 え?京橋?

えーっとですね。毎年天神祭りの帰りは、天満橋から天満のマンションに歩いて帰っています。天満橋から道をまっすぐ歩いてゆくとOAPを通って天満市場の川側に出るので、そこを曲がるとすぐです。

なんで京橋に出るの?(*o*)どこでいつ道曲がったの? 全然記憶がないんやけど。いつ銀橋渡ったの?まあ仕方ないんで戻ってしばらくして右に曲がったらいいやーと。

その後、ボクが今日の日、一番一緒にいたくて、一番想いを分かち合いたかった仲間。今は東京にいる神明寺晶と電話でしゃべって。
「おいショウブ!お前の作った大阪校は、10年持ったぞー!間違ってなかったぞーっ!」とか大声で叫んで。

ふと気づいたら駅が見えて。南森町か扇町に着いたのかな?と思って駅名観たら「都島」。 なんでーっ!どこでいつ曲がって、どこでいつJRのガード越えたの?全然記憶がない……。(^o^;)

キツネにつままれるってのは、こーゆーこと言うんだろうなあ。 あわててタクシー拾って、帰りました、とさ。 普通に歩いて帰る距離の3倍以上歩いたことになるなあー。(^_^;)

さて。

こうして、ボクらの愛した沖縄アクターズスクール大阪校のLAST LIVEは終了しました。
これを書いている時点であと数日で閉鎖です。
沖縄アクターズスクールは、本土から撤退します。
アクターズスクールの輝かしい歴史の中で、10年も同じ場所に存続したのはここだけです。
創叡さんとの協力関係が決まったそうなので、まだ何らかの形では存続するでしょうけど。

10年間。長いような短いような、そして夢のような。
生まれたての赤ちゃんが10歳になるように、小学生だったチビちゃんは女子高生になるくらいに、ずっと見守って来ました。

閉鎖を聞いて、すごくショックでした。一瞬、頭が真っ白になりました。
とうとう来るべき時が来てしまったのだな、と思いました。
とても残念なことですが、昨今の状況を見ていて、仕方ない事態だと思います。

次世代の安室・SPEEDはこの大阪が生み出す!との想いは、果たして叶ったのでしょうか?どうなんでしょうね。
いや、多分まだ道半ばです。
多くのコたちが育って行き、巣立って行った。でもアクターズは即戦力ではない、エンターテイナーの基礎を学ぶ場でした。
今、すでに活躍してるコもいるけれど、場を変えても今も夢を目指してるコもいる。
だからまだ結論は出てない。そう思いたいです。
いつの日か、大きなステージに立ったアーチストが「私、子供の頃、沖縄アクターズスクール大阪校に通っていたんです。そこでエンターテイメントの基礎を学びました」と言ってくれることを。

ボクたちが応援した甲斐もあったかな。力になれたかな。

もう一度書きます。

子どもたちから力をもらっていたのは、どう考えても、こちらの方です。
本当に10年間、ありがとう。感謝するのは、ボクたちです。
間近にあなたたちを見守ることが出来た。

10年間ありがとう。